昔の現金化までは成立しなくなってしまった大きな理由に迫る

クレジットカードの現金化をお考えの皆さんの中には「一円でも多くを還元してもらいたい」と思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
だいたい、お金に換えると言うことが重要なのだから名目的な取引だけでもいいんじゃないかと思われるかも知れません。ン

昔はそうだった

実は現金化が登場した当初は、名目的な取引によって現金化するという方法が主流でした。
わかりやすく言うと、100円均一で売っているような小さな小物を自分が欲しい金額に手数料を上乗せした分だけで購入しその後小物を売却しお金を手に入れるというスキームです。
一見すると問題ないように見えるのですが、今ではこれは禁止されています。

価値のないもの

そもそも100円均一で売られているような物に、100円以上の価値はありません。
にもかかわらず、数万円とか数十万円で売却しそれをすぐに買い取ったという形式をとるのは経済的な実質を反映しません。
これはいささかおかしいと言うことや、違法な金利を取る業者もあったために厳しく罰せられるようになったのです。

価値のあるものに関してはグレーゾー

現在行われている現金化の手法は、回数券や商品券という価値のあるものを使った売買取引になっています。
今のところ、価値のあるものの現金化に関しては法的な見解が分かれているため何ともいえないと言うことから多くのお店で行われているのです。
ある種、金券ショップだって自分たちでカードを使って仕入れて売却することもあるのですからこれだって現金化といえるのです。