新幹線回数券を買ってきたけれどどこへ流れてしまうのだろう

現金化を行う際には、様々な物の中から何かしらを購入するように指示を受けます。
ところがそれらはどのような使い道がなされるのかがよくわかりません。
今回は定番の新幹線回数券を例に、どのような使い道がなされているのかをご紹介しましょう。

ばら売りされる

多くの場合、新幹線回数券は金券ショップでばら売りされることになります。
皆さんも金券ショップで新幹線の切符を購入された経験をお持ちかと思います。
あれは、たいてい新幹線回数券をバラにした物を売っているのです。

どうしてばら売りなどするのか

でも、金券ショップはわざわざどうしてばら売りするのでしょう。
回数券は元々割引がなされた料金で切符を発売しています。
本来ならばまとめて買わないとその恩恵は受けられませんが、ばら売りにしてしまえば多くの恩恵を受けられるのです。

こんな安い方法も

中には普通の回数券を買うより遙かに安い価格で切符が売られていることもあります。
これは新幹線の切符が安くなるように分割して売られているため、余計に安くなっているのです。

役に立っている

現金化する際に購入した新幹線の回数券は、みんなの役に立っていると言うことがおわかりいただけたかと思います。
どうして金券ショップが安値で新幹線の切符を売ることが出来るかと言えば、このように新幹線回数券を使った現金化の方法や様々な裏技を組み合わせているからと言うことです。
需要のあるものだから皆の役立つのですね。